HOME > 病院案内 > 病院指標

病院案内

平成29年度飯山赤十字病院指標

平成29年度 飯山赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 24 12 25 32 49 95 261 372 697 335
平成29年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しております。当院の入院患者さんは60歳以上の占める割合が全体の87.5% 80歳以上では54.3%と、ご高齢の患者さんが多く占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 94 55.33 20.83 5.32 85.8
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 30 20.97 12.34 0 85.1
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 34.14 7.71 9.09 84.18
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 18 7.28 5.15 0 76.28
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 32.41 17.71 0 91.94
内科では、消化器疾患を中心に呼吸器疾患、腎疾患、循環器疾患など内科一般の治療を広く行っております。                             平成29年度では消化器系の患者さんは全体で22.6%を占め、指導医・認定医の指導のもと消化器内視鏡治療を積極的に行っております。さらに昨年度より消化器系を外科医と共同にて診療を行える消化器センターを開設いたしました。この開設によりさらに一環して治療が行える体制となりました。呼吸器系の患者さんは全体の26.1%を占めております。中でも患者数が最も多い疾患はご高齢の肺炎です。ほとんどが緊急入院の症例であり、誤嚥性肺炎では積極的に言語聴覚療法士による嚥下機能訓練を併せて行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 76 48.21 22.44 2.63 83.11
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 61 55.48 27.09 1.64 81.38
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 28 44.18 19.94 10.71 75.21
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 26 46 25.09 0 76.04
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 20 10.45 5.21 0 64.45
整形外科では、地域特有のスキー・スノーボード外傷、交通外傷、慢性的な変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、慢性関節リウマチなどの幅広い疾患に取り組み、苦痛やストレスのないQOL向上に向けてサポートしております。また、リハビリテーション科(部)が併設されており手術後の患者さんの早期の日常生活復帰を目指し筋力訓練、歩行訓練を行うことができ、手術を受けられない方でも必要に応じて理学療法・作業療法などのリハビリを行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 13.58 8.98 0 79.63
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 4.42 3.58 0 65.92
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 15 15.61 0 78.2
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.34 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.39 - -
外科では、岳北地区の中核病院として、消化器、内分泌(甲状腺・乳腺)の各専門外科領域の他、一般外科、救急医療を含めた外科全般にわたる診療にあたっており、救急疾患に対しても24時間体制で対応しております。特に、消化器系の患者さんは全体で41.9%と半数近くを占めており、昨年度より内科医と共同で行える消化器センターを開設する運びとなりました。さらに患者さんに充実した医療の提供を行える体制となりました。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 13.8 9.92 0 71.07
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.2 - -
010230xx99x10x てんかん 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 11.78 - -
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19.1 - -
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 17.27 - -
脳神経外科では、救急体制にて可能な範囲で脳神経外科疾患の手術・治療に対応しております。取り扱う疾患は脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)脳腫瘍、頭部外傷など脳神経外科全般ですが、当院では耳鼻咽喉科、形成外科が常勤体制でないため、めまい、顔面外傷、不随意運動などの初期治療にも対応しております。しかしながら、放射線治療と脳血管内手術の設備が整っていないため、必要な場合は速やかに近隣の病院へ紹介をしております。脳血管障害は早期リハビリがその後のQOLに影響しますので、必要に応じて、リハビリ介入を積極的に行える回復期病棟で充実したリハビリを提供しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - - - - 1 7,6
大腸癌 12 - - 20 - - 1 7
乳癌 - - - - 1 7,6
肺癌 - - 1 7
肝癌 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれている胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの初めてがんと診断された(初発)患者さんの数をステ-ジごとと再発に分けて、集計しております。このステージとはUICC病期分類国際対がん連合によって定められたものです。1.原発巣の大きさと進展度 2.所属のリンパ節への転移状況 3.遠隔転移の有無の3つのカテゴリーによって各がんをstage1(早期)からstageIV(末期)の4ステージに分類しております。29年度内に複数回、入退院を繰り返した場合は回数分を含めて人数に表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 23 25.61 86.17
重症 11 20.82 83.73
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎の患者数は、入院となった傷病名、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎等でその中でもICD-10コードがJ13~J18$で始まるものとしております。市中肺炎の定義とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類A-DROPスコアを用いて、軽症から超重症の4段階で集計しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 116.87 78.73 18.52
その他 12 84.42 78.33 0
当院では、急性期脳梗塞の患者さんに、迅速に対応できるよう、常時CT・MRIなどが出来るように万全の体制をとっております。また、発症後3時間以内から6時間の超急性期脳梗塞にはt-PAという血栓を強力に溶かす薬を点滴投与する治療を優先しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 69 2.8 52.88 2.9 80.42
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 31 1.61 18.23 0 66.35
K0821 人工関節置換術(膝) 等 30 1.2 45.57 0 75.73
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 2.5 48.55 0 79.55
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 等 18 6.83 30.28 0 76.11
平成29年度整形外科の入院手術は骨折観血的手術(大腿)が69件と最多であり、人工股関節設置術等でも良好な成績を上げております。骨折の患者さんは安心して在宅に帰れるよう、適切な時期にリハビリ開始しており、充実したリハビリが提供できるよう、回復期病棟や地域包括ケア病棟にてリハビリを継続していただいております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 162 0.93 1 0 77.38
K274 前房、虹彩内異物除去術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院では白内障手術を年間162症例行っております。予定手術のためクリティカルパスを有効活用し、患者さんに安全な医療を提供できるよう努めております。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 51 0.12 1.22 0 70.37
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 3.06 31.69 0 84.75
K6531 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜) 12 0 5.17 0 71.92
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 12 84.08 106.25 8.33 83.58
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術・内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜)は内視鏡手術として内科の中でも数多く扱っております。クリティカルパスを使用し、安心した医療を提供できるよう努めております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 1.43 3.57 0 74.86
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 13 1.54 4.77 0 73.69
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 2 7.45 0 62
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
当院では、日本内視鏡外科学会技術認定医を中心に、緊急手術を含め腹腔鏡下手術を積極的に導入しており、患者さんにとって負担の少ない手術を施行しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群については5症例、敗血症においては6症例であり全力を尽くして治療にあたっております。チーム医療を行いながら万全な医療を提供しておりますが、手術・処置等の合併症は29年度は9症例発生しております。
更新履歴