HOME > 病院案内 > 臨床工学技術課

臨床工学技術課

当課の基本方針

臨床工学技術課では、透析業務、医療機器管理業務等を行っています。患者さんに信頼される質の高い医療の提供の一端を担っています。

1. 当院の基本理念に基づき、技術、知識の向上に努める。 
2. 事故防止、管理機器の安全使用啓発し事故を未然に防ぐ。
3. 生命維持装置であることを認識し、保守管理、点検、修理をする。
4. 経費削減、機器の故障を未然に処理し使用期限の延長を図る。
5. 他部門との連携を図り、医療の安全を提供する。

当課の概要

臨床工学技術課は、血液浄化・医療機器管理・血管拡張術・ペースメーカー点検を業務としています。

血液浄化業務
透析チームの一員となり透析患者さんへ質の高い透析医療の提供(透析器の選択、水質管理、検査管理、etc)、及び透析機器の保守管理・点検・修理を行なっています。

医療機器管理業務
院内の医療機器の保守管理・点検・修理及び修理の見極めを行っています。
在宅人工呼吸器取り扱い方法の、患者さまへの指導を行っています。
医療機器に関する院内講習会、勉強会なども行っています。

血管拡張術業務
血管拡張術の際のドクター補助を行っています。

ペースメーカー点検業務
ペースメーカー点検に際しての点検機器の操作とデータ解析を行っています。

診療科・部門案内

  • ボランティア活動報告
  • 人間ドック・健康診断
  • 病院報 雪椿かわら版
  • フェイスブック公式ページ
  • 飯山市医師奨学金