HOME > 病院案内 > 薬剤部

薬剤部

当部の基本方針

1. 常に自己研鑽に励みます。
2. 医薬品の管理、使用、取り扱いに責任を持ち、事故防止に万全を尽くします。
3. 医薬品使用における副作用や相互作用による患者さんの不利益を回避することに努めます。

当部の概要

1. 調剤業務
2. 注射薬調剤業務
3. 医薬品情報管理業務(DI業務)
4. 入院薬剤管理指導業務
5. 訪問薬剤管理指導業務
6. 薬品管理業務
7. 院内製剤調製業務
8. 外来化学療法業務

調剤業務
医師の発行した処方箋をもとに、外来や入院の患者さんのお薬を取りそろえたり、調合したりしています。
薬剤師はこのとき常に薬学的見方から、医師の処方箋をチェックし、疑問があれば必ず問い合わせをする(処方監査)という重要なこともしています。

注射薬調剤業務
点滴や注射1本1本に患者さんの名前の入ったラベルを貼り、外来や病棟に払い出しています。
また、点滴の調製も薬剤部内のクリーンルームで行っています。
適切で安全な点滴、注射ができるように注射薬の用法、用量、配合変化のチェックを薬剤部で行っています。

入院薬剤管理指導業務
入院患者さんに対して薬物療法、薬についての説明、注射薬を含めた薬の相互作用、副作用のチェック、薬の適正使用など薬に関する問題に対処しています。

訪問薬剤管理指導業務
入院患者さんと同様に、訪問看護を受けている患者さんに対しても、必要に応じて薬剤師が訪問し薬剤管理指導を行っています。

施設認定
医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
薬学実習生受入れ施設

診療科・部門案内

  • ボランティア活動報告
  • 人間ドック・健康診断
  • 病院報 雪椿かわら版
  • フェイスブック公式ページ
  • 飯山市医師奨学金