HOME > 病院案内 > 整形外科

整形外科

当科の概要

 整形外科は現在4名の医師とスタッフで構成され、リハビリテーション科の49名のスタッフ、院内の各診療科や、患者さまのかかりつけ医と連携しながら、患者さまの回復を願い治療に取り組んでいます。

こんな症状ありませんか?

腰痛・神経痛でお困りの方

主な診療内容

1. 脊椎疾患:変形性脊椎症,骨粗鬆症,脊椎分離すべり症,頚椎症性脊髄症,腰椎椎間板ヘルニア,腰部脊柱管狭窄症など
2. 関節疾患:変形性関節症,関節リウマチ,肩腱板断裂など
3. 外傷:骨折,脱臼,靭帯損傷,腱損傷,スキー,スノーボードなどのスポーツ外傷
 当院整形外科にはスキー、スノーボード外傷、交通外傷などにより救急外来で入院される患者さまが多いのですが、最近増えてきているのが、慢性的な腰痛や膝関節部痛、肩関節部痛に悩まされている方々です。こうした症状は姿勢の悪さや職業などが増悪因子となっていることが多いのですが脊椎の病気(変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニアなど)や関節の病気(変形性膝関節症、関節リウマチ、肩腱板断裂など)である整形外科的疾患が原因として存在するかたも多く見られます。
 整形外科の疾患は一部の病気(骨軟部腫瘍、多発外傷など)を除いて命に関わる病気は少なく、そのためか症状をひどく悪化させてから来院される患者さまも少なからず見受けられます。しかし痛みによるストレス、また痛みのために日常生活動作の制限からくるストレスは多大なものでありその苦痛は患者さましか知り得ないものです。その事を理解し、より苦痛やストレスのない生活をしていただくサポートをするのが我々整形外科の仕事であると考えています。
 当院ではリハビリテーション科(部)が併設されており手術後(変形性膝関節症の方の人工関節置換術、各種骨折の手術など)の患者さまの早期の日常生活復帰を目指し筋力訓練、歩行訓練を行う事ができ、また手術を受けられない方でも必要に応じて理学療法、作業療法などのリハビリを行ってもらうようにしています。
 その他にも整形外科全般にわたって幅広く患者さまの回復を第一に考え、手術的治療、保存的治療(投薬治療、各種ブロック注射、装具療法、リハビリ、生活指導)をうまく組み合わせた治療に取り組んでいます。

診療科・部門案内

  • ボランティア活動報告
  • 人間ドック・健康診断
  • 病院報 雪椿かわら版
  • フェイスブック公式ページ
  • 飯山市医師奨学金