HOME > 医療関係者様へ > 臨床研修

臨床研修

臨床研修カリキュラム

[基本研修科目]
内 科

研修スケジュール
概要
内科研修は1年目の最初の6ヶ月間であり、プライマリーケアと広く内科疾患の研修が主眼となる。研修は指導医のもとに1)入院患者の診療 2)救急外来の診療 3)外来予診 4)基本的検査が中心となる。また、定期的に内科カンファレンス、循環器カンファレンス、内科外科カンファレンス、臨床カンファレンスなどに参加する。当院の特色として地域の第一線病院のため救急外来の患者が多く、プライマリーケアの研修が多くできるものと思われる。

月間スケジュール表
1月目
(初歩的研修)
2~4月目
(病棟救急外来診療が中心)
5、6月目
(検査、外来予診が加わる)
病院業務の流れを知り、コミュニケーションを習得する 指導医の管理下に入院患者の診療を行う
外来の初診患者の問診と診察を指導医に先だって行う
超音波検査と上部消化管内視鏡検査の経験をする
中心静脈穿刺の経験
オーダリング方法(処方、注射、検査など)の習得
医療面接および基本的診察手技の習得
医療記録の作成、管理
基本的診療手技(注射、採血、胃管、導尿など)の習得
基本的臨床検査(心電図、細菌学的検査)の習得
清潔操作の習得
院内感染予防の習得
診療計画の作成
検査、療養指導、薬物治療、輸液輸血などの指示と実施
クリティカルパスの理解と活用
インフォームドコンセントの実施
局所麻酔法を理解し体腔穿刺を経験する
退院時診療計画をたてる
カンファレンスに症例を提示する
指導医の管理下に救急患者の診療を行う
バイタルサイン、重症度、緊急度の把握
救急処置の習得
緊急検査の指示
入院の指示

週間スケジュール表
  AM PM
指導医とともに病棟業務
指導医とともに病棟業務
下部消化管内視鏡見学
ERCP見学
指導医とともに病棟業務
上部消化管内視鏡
指導医とともに病棟業務
指導医とともに救急外来業務
内科外科カンファレンス(月1回)
指導医とともに病棟業務
外来予診
指導医とともに病棟業務
指導医とともに救急外来業務
指導医とともに病棟業務
超音波検査
指導医とともに病棟業務
指導医とともに救急外来業務
内科カンファレンス(毎週)
指導医とともに病棟業務
血液浄化療法見学
指導医とともに病棟業務
指導医とともに救急外来業務
循環器カンファレンス(毎週)
指導医とともに病棟業務
 

研修目標
1. 一般目標(GIO: General Instructional Objectives)
 
内科は医学の中で中核をなす臨床科であることを理解する。
患者を全身的かつ全人的に診療できるようにする。
臨床医として必須かつ基本的な内科診療に関する知識、技能および態度を習得する。
2. 行動目標(SBO: Specific Behavior Objectives)
 
A. 当科研修において特に経験すべき診察法・検査・手技
 
(1) 基本的内科診療能力
診療に必要な医学情報を効率的に収集し、それらを統合した上で的確な臨床的判断をくだすことができる。
医の倫理に立脚し、患者・家族の人格と人権を尊重できる。
信頼に基づく好ましい医師患者関係を形成できる。
患者・家族のプライバシーを守れる。
インフォームド・コンセントの重要性を理解し実行できる。
自己の能力の限界を自覚し他の専門職と連携できる。
他の医療関係者の業務を知り、チーム医療を率先して実践できる。
他医に委ねる時、適切に判断して必要な記録を添えて紹介・転送できる。
紹介患者について適切な返書が記載できる。
保険医療と医療経済に関する知識を正しく理解できる。
医療関係文書(各種診断書)が適切に記載できる。
診療経過の問題点を総合的に整理・分析・判断・評価できる
文献検索を含めた情報の収集・管理ができる。
症例呈示・要約が適切にできる。
死亡に際しては剖検を薦め、これに立ち会う。
(2) 内科診察法
医療面接技術
 面接および正しい病歴の聴取が適切にできる。
内科的診察法
 血圧、脈拍、呼吸などのバイタルサインの把握が的確にできる。
 視診、触診、聴診などの正しい手技を習得し、全身所見と局所所見をとることができる。
臨床的情報処理技能
 POSによる診療録の記載ができる。
 処方箋、指示書が適切に記載できる。
 問題を正しく把握し適切な検査・治療計画が立てられる。
(3) 基本的内科臨床検査
採血ならびに各種検体採取および保存ができる。
自ら施行できる検査
 一般血液検査
 赤沈
 尿検査
 検便
 ツベルクリンテスト
 血液ガス
 出血時間
 心電図
 胸部、腹部単純X線検査
 超音波検査
 血糖
 骨髄検査
 脳脊髄液検査
結果を解釈できる検査
 血液血清生化学検査
 簡易肺機能検査
 内分泌学的検査
 細菌学的検査
 薬剤感受性検査
 X線CT、MRI検査
(4) 基本的治療法
基本的処置
 注射(皮内、皮下、筋肉、静脈、点滴)
 導尿
 浣腸
 胃管の挿入
 体腔穿刺
 酸素療法
主要な内科疾患の基本的治療手技
 薬物療法
   内服
   静注
   補液
 輸血療法
 食事療法
 療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄など)
 リハビリテーションの適応と指導
 放射線治療の適応
 手術の適応
 生活指導、教育
 入退院の適応と退院指導
B. 経験すべき症状、病態、疾患
 
(1) 頻度の高い症状
  1)全身倦怠感
2)不眠
3)食欲不振
4)体重減少、体重増加
5)浮腫
6)リンパ節腫脹
7)発疹
8)黄疸
9)発熱
10)頭痛
11)めまい
12)失神
13)けいれん発作
14)視力障害
15)嗄声
16)胸痛
17)動悸
18)呼吸困難
19)咳、痰
20)嘔気、嘔吐
21)胸やけ
22)嚥下困難
23)腹痛
24)便通異常(下痢、便秘)
25)関節痛
26)血尿
(2) 緊急を要する症状、病態
  1)心肺停止
2)ショック
3)意識障害
4)急性呼吸不全
5)急性心不全
6)急性冠症候群
7)急性腹症
8)急性消化管出血
9)急性腎不全
10)急性感染症
(3) 経験すべき疾患
  1)心不全
2)高血圧症(本態性、二次性)
3)呼吸器感染症(急性上気道炎、気管支炎、肺炎など)
4)消化管疾患(食道静脈瘤、胃癌、消化性潰瘍、胃十二指腸潰瘍、大腸癌、大腸炎など)
5)肝、胆、膵疾患(急性肝炎、胆石、急性膵炎など)
6)腎不全(急性、慢性 透析)
7)糖代謝異常(糖尿病、糖尿病の合併症、低血糖)
8)痴呆(血管性痴呆を含む)
C. 内科研修項目(SBOのBの項目)の経験優先順位
 
経験優先順位第一位項目(最優先項目)
  受け持ち医として経験し症例報告にまとめる。必要な検査(超音波検査、放射線学的検査)についてはできるだけ自ら実施し診療に活用する。
   ・全身倦怠感
 ・発熱
 ・体重減少
 ・胸痛
 ・腹痛
 ・浮腫
経験優先順位第二位項目
  受け持ち医として症例があれば積極的に経験する。
   ・食欲不振
 ・嘔気、嘔吐
 ・黄疸
 ・血尿
 ・リンパ節腫脹
 ・呼吸困難
 ・動悸
 ・頭痛
 ・失神
 ・消化管出血
経験優先順位第三位項目
  機会があれば積極的に初期診療に参加する。
   ・めまい
 ・けいれん発作
 ・四肢のしびれ
 ・胸やけ
 ・嚥下困難
 ・便通異常
 ・関節痛
3. 指導体制
  7年以上の内科臨床経験を有する医師
 
名前 卒業年 専門領域 認定医等
古川 賢一 昭和47年 内科、血液
地域医療
日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
産業医
山谷 秀喜 平成5年 内科・腎臓 日本内科学会認定内科医
日本透析医学会透析専門医
富田 俊明 平成13年 内科