HOME > 医療関係者様へ > 臨床研修

臨床研修

臨床研修カリキュラム

[必修科目]
産婦人科

研修スケジュール
飯山赤十字病院における産婦人科研修は1.5カ月間コースである。産婦人科全般にわたり、一定水準の基礎的知識と基本的技能を習得することを目標とする。具体的には日常診療で頻度の高い婦人科疾患の診断、鑑別診断、初期治療を経験し、妊娠・分娩の診断、管理について理解することである。以上の研修を指導医のもとで同時に行う。

研修スケジュール表
  前半 後半
婦人科
1) 基本的産婦人科における問診、および病歴の記載
2) 婦人科診察の基本
3) 産婦人科超音波検査の基本
4) 縫合手技の修得
1) 基本的婦人科臨床検査
2) 細胞診・病理組織検査
3) 頻度の高い症状の初期検査、および治療
産 科
1) 妊娠の診断と検査
2) 正常分娩の管理(I期・II期)
3) 正常産褥の管理
1) 正常妊婦の外来管理
2) 正常頭位分娩における児の娩出前後の管理
3) 妊娠中の偶発合併症の管理

週間スケジュール表
  午前 午後
病棟回診
産婦人科外来
産婦人科外来
病棟カンファレンス
病棟回診
産婦人科外来
第1・3週
両親学級見学
病棟診察
超音波検査
病棟回診
産婦人科外来
手術助手
病棟回診
産婦人科外来
産婦人科外来
産婦人科特殊検査
病棟回診
産婦人科外来
手術助手

研修目標
1. 一般目標(GIO: General Instructional Objectives)
 
1) 女性特有の疾患による救急医療を研修する。
  性器出血、急性腹症で発症する、切迫流・早産、子宮外妊娠、卵巣腫瘍茎捻転などの女性特有の疾患に基づく緊急性の高い疾患の病態の理解、鑑別、初期治療について研修を行う。
2) 女性特有のプライマリケアを研修する。
  妊娠・産褥・授乳期の女性の身体的、精神的変化を理解し、同時期に発生する生活環境の変化に対応できるよう指導し、比較的頻繁に発生する偶発合併症の管理を研修する。
また、女性の加齢と性周期に伴うホルモン環境の変化を理解するとともに、それらの失調に起因する諸々の疾患に関する系統的診断と治療を研修する。女性のQOL向上を目指したヘルスケアなど、21世紀の医療に対する社会からの要請に応えるものですべての医師に必要不可欠である。
3) 産婦人科基本的知識の習得
 
(1) 産科関係
I 妊娠・分娩・産褥生理の理解
II 妊娠の検査・診断
III 流・早産の病態と治療
(2) 婦人科関係
I 骨盤内の解剖の理解
II 視床下部・下垂体・卵巣系の内分泌調整系の理解
III 婦人科良性腫瘍の診断法ならびに治療
IV 婦人科悪性疾患の早期診断法の理解
2. 行動目標(SBO: Specific Behavior Objectives)
 
A. 経験すべき診察法・検査・手技
 
(1) 基本的産婦人科科診療能力
a. 問診および病歴の記載
患者との間に良いコミュニケーション保って問診を行い、総合的かつ全人的に patient profile をとらえることができるようになる。病歴の記載は産婦人科関連疾患特有の背景や症状を理解した上で問題解決志向型病歴(POMR:Problem Oriented Medical Record)を作るように心がける。
 
1) 主訴
2) 現病歴
3) 月経歴
4) 結婚、妊娠、分娩歴
5) 家族歴
6) 既往歴
b. 産婦人科診察法
産婦人科的診療に必要な基本的態度・技能を身につける。
 
1) 視診(一般的視診および膣鏡診)
2) 触診(外診、双合診、内診、妊婦のLeopold触診法など)
3) 直腸診、膣・直腸診
(2) 基本的産婦人科臨床検査
  産婦人科診療に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、結果を評価して患者・家族にわかりやすく説明することができる。それぞれの病態で禁忌である検査法、避けた方が望ましい検査法があることを十分に理解する。
a. 婦人科内分泌検査
 
1) 基礎体温表の診断
2) 頚管粘液検査
3) ホルモン負荷テスト
4) 各種ホルモン検査
b. 不妊検査
 
1) 基礎体温表の診断
2) 卵管疎通性検査
c. 妊娠の診断
 
1) 免疫学的妊娠反応
2) 超音波検査
d. 感染症の検査
 
1) 膣トリコモナス感染症検査
2) 膣カンジダ感染症検査
e. 細胞診・病理組織検査
 
1) 子宮膣部・頚管細胞診
2) 子宮内膜細胞診
3) 子宮頚部・内膜生検
これらは採取法も併せて経験する
f. 内視鏡的検査
 
1) コルポスコピー
2) 腹腔鏡
g. 超音波検査
 
1) 経膣・経腹超音波断層法
2) ドップラー法
h. 放射線学的検査
 
1) 骨盤単純X線検査
2) 骨盤計測(入口面撮影、側面撮影:グースマン、マルチウス法)
3) 子宮卵管造影
4) 骨盤・腹腔X線CT検査
5) 骨盤MRI検査
(3) 基本的治療法
  薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド剤、解熱薬、麻薬を含む)ができる。
ここでは特に妊産褥婦ならびに新生児に対する投薬の問題、治療をする上での制限などについて学ばなければならない。薬剤のほとんどの添付文書には催奇形性の有無、妊産褥婦への投薬時の注意などが記載されており、薬剤の胎児への影響を無視した投薬は避けられなければならない。胎児の器官形成と臨界期、薬剤の投与の可否、投与量等に関する特殊性を理解することはすべてに医師に必要なことである。
a. 処方箋の発行
 
1) 薬剤の選択と薬用量
2) 投与上の安全性
b. 注射の施行
 
1) 皮内、皮下、筋肉、静脈
c. 副作用の評価ならびに対応
 
1) 催奇形性についての知識
B. 経験すべき症状、病態、疾患
  研修の最大の目的は、患者の呈する症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得することにある。
 
(1) 頻度の高い症状
 
1) 腹痛
2) 不正性器出血
  自ら症例を経験、すなわち診察し検査計画を立案し、鑑別診断を挙げる。
産婦人科特有の疾患に基づく腹痛、不正性器出血が数多く存在するので産婦人科の研修に於いてはそれらの病態を理解するように努めなければならない。
(2) 緊急を要する症状・病態
 
1) 急性腹症
  産婦人科疾患による急性腹症の種類は極めて多い。女性特有の疾患による急性腹症を救急医療として研修することは必須であり、産婦人科の研修においてはそれら病態を的確に鑑別し初期治療を行える能力を獲得しなければならない。急性腹症を呈する産婦人科関連疾患には子宮外妊娠、卵巣腫瘍茎捻転、卵巣出血などがある。
2) 流・早産および正期産
  産婦人科研修でしか経験できない経験目標項目である。
(3) 経験が求められる疾患・病態
a. 産科関係
 
1) 妊娠の検査・診断
2) 正常妊婦の外来管理
3) 正常分娩第1期ならびに2期の管理
4) 正常頭位分娩における児の娩出前後の管理
5) 正常産褥の管理
6) 腹式帝王切開術の経験
7) 切迫流・早産の管理
8) 産科出血に対する応急処置法
b. 婦人科関係
 
1) 婦人科良性腫瘍の診断ならびに治療計画の立案
2) 婦人科良性腫瘍の手術への第2助手としての参加
3) 婦人科悪性腫瘍の早期診断法の理解(見学)
4) 婦人科悪性腫瘍の手術への参加の経験
5) 婦人科悪性腫瘍の集学的治療の理解(見学)
6) 不妊症・内分泌疾患患者の外来における検査と治療計画の立案
c. その他
 
1) 産婦人科診療に関わる倫理的問題の理解
2) 母体保護法関連法規の理解
3) 家族計画の理解
C. 産婦人科研修項目(経験すべき症状・病態・疾患)の経験優先順位
 
(1) 産婦人科研修が1.5ヶ月の場合
a. 産科関係
 
1) 経験優先順位第1位(最優先)項目
  ・妊娠の検査・診断
・正常分娩第1期ならびに第2期の管理
・正常産褥の管理
2) 経験優先順位第2位項目
  ・腹式帝王切開の経験
・切迫流・早産の管理
  受け持ち医患者に症例があれば積極的に経験する。それぞれ1例以上経験したい。
3) 経験優先順位第3位項目
  ・産科出血に対する応急処置法の理解
・産科を受診した腹痛、腰痛を呈する患者、急性腹症の患者の管理
a. 婦人科関係
 
1) 経験優先順位第1位(最優先)項目
  ・婦人科良性腫瘍の診断ならびに治療計画の立案
・婦人科良性腫瘍の手術への第2助手としての参加
2) 経験優先順位第2位項目
  ・婦人科性器感染症の検査・診断・治療計画の立案
3) 経験優先順位第3位項目
  ・婦人科悪性腫瘍の早期診断法の理解(見学)
・婦人科悪性腫瘍の集学的治療の理解(見学)
・婦人科と受診した腹痛、腰痛を呈する患者、急性腹症の患者の管理
・不妊症・内分泌疾患患者の外来における検査と治療計画の立案
  受け持ち患者もしくは外来において症例があり、かつ時間的に余裕がある場合には積極的に経験したい。
(2) 産婦人科研修が3ヶ月の場合
a. 産科関係
 
1) 経験優先順位第1位(最優先)項目
  ・妊娠の検査・診断
・正常分娩第1期ならびに第2期の管理
・正常産褥の管理
・正常新生児の管理
  受け持ち医として8例以上を経験する。
必要な検査、即ち超音波検査、放射線学的検査についてはできるだけ自ら実施し受け持ち患者の検査として診療に活用する。
2) 経験優先順位第2位項目
  ・腹式帝王切開の経験
・流・早産の管理
  受け持ち医患者に症例があれば積極的に経験する。それぞれ2例以上経験したい。
3) 経験優先順位第3位項目
  ・産科出血に対する応急処置法の理解
・産科を受診した腹痛、腰痛を呈する患者、急性腹症の患者の管理
  症例として経験する機会、また当面したとしても受け持ち医になるか否かは極めて不確実であるが機会があれば積極的に初期治療に参加する。
b. 婦人科関係
 
1) 経験優先順位第1位(最優先)項目
  ・婦人科良性腫瘍の診断ならびに治療計画の立案
・婦人科良性腫瘍の手術への第2助手としての参加
  受け持ち医として子宮の良性疾患ならびに卵巣の良性疾患のそれぞれを2例以上経験する。必要な検査、即ち細胞診・病理組織検査、超音波検査、放射線学的検査、内視鏡的検査についてはできるだけ自ら実施し、受け持ち患者の検査として診療に活用する。
2) 経験優先順位第2位項目
  ・婦人科を受診した腹痛、腰痛を呈する患者、急性腹症の患者の管理
3) 経験優先順位第3位項目
  ・婦人科性器感染症の検査・診断・治療計画の立案
・婦人科悪性腫瘍の集学的治療の理解(見学)
・不妊症・内分泌疾患患者の外来における検査と治療計画の立案
3. 指導医条件
1) 指導医資格
5年以上の産婦人科臨床経験を有する日本産科婦人科学会認定専門医
2) 指導医1人に対する研修医数
5人までとするが、3人までが望ましい。