HOME > 医療関係者様へ > 臨床研修

臨床研修

臨床研修カリキュラム

[選択科目]
整形外科

研修スケジュール
整形外科は、脊椎、並びに四肢の骨、関節系を中心に扱う学問並びに外科臨床分野である。この臨床研修中に、外傷、変性疾患、炎症性疾患など出来るだけ多くの疾患を診察すること。また、出来るだけ多くの検査、手術に参加し、その術前術後の管理も経験することを目標とする。特に、当院において冬期期間はウインタースポーツ外傷(スキー、スノーボード外傷)が多く経験できます。

各研修スケジュール表
  第1月 第2月 第3月
内容 外来
病棟
手術
外来
病棟
手術
外来
病棟
手術
分野 整形外科一般
外傷
変性疾患
炎症性疾患
左記同様 左記同様

週間スケジュール表
  午前 午後
カンファレンス
外来
病棟
手術
救急外来
病棟
リハカンファレンス
外来
病棟
手術
救急外来
病棟
外来
病棟
手術
救急外来
病棟
病棟カンファレンス
外来
病棟
手術
救急外来
病棟
外来
病棟
手術
救急外来
病棟

研修目標
1. 一般目標(GIO: General Instructional Objectives)
 
1) 特有の研修内容
脊椎、四肢の骨、関節系における外傷、障害、変性疾患、炎症性疾患などについて学ぶ
2) プライマリケアとの関連
外傷の診察治療は、プライマリケアに直結している
3) 基本的知識の習得(具体的に)
運動器疾患の診断、神経系疾患の診断、基本的な縫合などの手術手技、ギプス固定手技などの習得
2. 行動目標(SBO: Specific Behavior Objectives)
 
A. 経験すべき診察法・検査・手技
 
(1) 基本的整形外科診療能力
a) 問診および病歴の記載
  患者との間に良いコミュニケーション保って問診を行い、総合的かつ全人的に patient profile をとらえることができるようになる。病歴の記載は問題解決志向型病歴(POMR:Problem Oriented Medical Record)を作るように工夫する。
b) 整形外科診察法
  (1)視診
(2)触診
(3)関節可動域評価
(4)筋力評価
(5)神経症候学
(2) 基本的整形外科臨床検査
例) 整形外科診療に必要な種々の検査を実施あるいは依頼し、結果を評価して患者・家族にわかりやすく説明することができる。それぞれの病態で禁忌である検査法、避けた方が望ましい検査法があることを十分に理解する。
a) 関節造影検査
b) 脊髄造影検査、神経根造影検査
c) 生検検査
d) 放射線学的検査(X線、CT検査、MRI 検査)
(3) 基本的治療法
  薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療ができる。特に年齢、病態に合わせた投薬の問題、治療をする上での制限等について学ぶ。
a) 処方箋の発行
  1. 薬剤の選択と薬用量
2. 投与上の安全性
b) 注射の施行
  1. 皮内、皮下、筋肉、静脈、中心静脈
2. 関節穿刺、関節内注射
3. 硬膜外ブロック注射
c) 副作用の評価ならびに対応
B. 経験すべき症状・病態・疾患
  研修の最大の目的は、患者の呈する症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得することにある。
 
(1) 頻度の高い症状
  1) 腰痛*
2) 関節痛*
3) 歩行障害
4) 四肢のしびれ
*自ら症例を経験、すなわち診察し鑑別診断する。
(2) 緊急を要する症状・病態
  1)外傷**
2)脊髄性麻痺
**自ら経験、すなわち初期診療に参加すること。
(3) 経験が求められる疾患・病態(理解しなければならない基本的知識を含む)
  1)骨折
2)関節の脱臼、亜脱臼、捻挫、靭帯損傷
3)骨粗鬆症
4)脊柱障害(腰椎椎間板ヘルニア)....
C. 整形外科研修項目(SBOのBの項目)の経験優先順位
 
経験優先順位第一位項目(最優先項目)
  外来診療もしくは受け持ち医として、骨折症例を経験する。 必要な検査(超音波検査、放射線学的検査)についてはできるだけ自ら実施し診療に活用する。
経験優先順位第二位項目
  受け持ち医として関節の脱臼、亜脱臼、捻挫、靭帯損傷などの症例を積極的に経験する。
経験優先順位第三位項目
  脊柱障害にも積極的に初期診療に参加する。
D. 整形外科研修項目と「臨床研修の到達目標」との対応
  後日作成を依頼しますので、準備方ご検討願います。
3. 指導体制
 
(1) 指導医
  6年以上の整形外科臨床経験を有する日本整形外科学会専門医
 
名前 卒業年度 専門領域 認定医等
若宮 一宏 昭和59年 整形外科、脊椎外科
スポーツ、外傷一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会脊椎脊髄医
日本リウマチ学会専門医
日本リハビリテーション医学臨床認定医
日本体育協会スポーツドクター
産業医
義肢装具等判定医
長野県スポーツドクター協議会副会長
(2) 研修医数
  原則として2人までとする