HOME > 医療関係者様へ > 回復期リハビリテーション病棟

医療関係者様へ

回復期リハビリテーション病棟

【入院対象となる患者さまの状態と入院期間】
1:脳血管疾患、脊髄損傷などの発症または手術後2ヶ月以内の状態の方。
  義肢装着訓練を要する状態(四肢切断した日が発症日)の方。
  ※入院期間:算定開始後150日まで
  上記で高次脳機能障害を伴った重症脳血管、頚髄損傷、多部位外傷の場合。
  ※入院期間:算定開始後180日まで
2:大腿骨・骨盤・脊椎・股関節若しくは膝関節の骨折または二肢以上の多発骨折発症後2ヶ月以内状態の方。
  ※入院期間:算定開始後90日まで
3:外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内の状態の方。
  ※入院期間:算定開始後90日まで
4:大腿骨・骨盤・脊椎・股関節または膝関節の神経、筋、靭帯損傷後1ヶ月以内の状態の方。
  ※入院期間:算定開始後60日まで
5:股関節または膝関節の置換術後1ヶ月以内の状態の方。
  ※入院期間:算定開始後90日まで

【回復期リハビリテーション病棟の特徴】
◆病棟専従の理学療法士と作業療法士が常駐します◆
医師をはじめ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師が入った多職種合同のカンファレンスを定期的、かつ独自に開催しています。
個々の家庭環境に応じた日常生活動作の獲得と向上をめざし、日々の生活支援では介護福祉士も入り、多職種共同でとり組んでいます。

◆一人の患者さんに対して、必要に応じて複数担当制になります◆
本病棟に入院中の患者さんは、リハビリ室担当の理学療法士・作業療法士が機能回復、基本能力の獲得を目標にしたリハビリテーションを従来通りに行い、必要に応じて言語聴覚療法も行います。
また、病棟専従の理学療法士・作業療法士が「できるADL」の獲得、「しているADL」の定着を目標としたリハビリテーションを行います。そのため、一人の患者さんに複数の担当がつき、集中的リハビリテーションを行える態勢を整えています。

◆リハビリテーションナーシングを行います◆
「できるADL」の自立度に応じたリハビリテーショントレーニングを行ない、早朝や就寝前に行なう、基本的な生活動作やその支援を、看護師・介護福祉士が担当します。理学療法士や作業療法士によるリハビリの時間以外のこうした実践により「しているADL」の定着化を図ります。

◆医療ソーシャルワーカーとの共同支援をします◆
利用できる各種社会制度の説明・手続き、転院・入所先の手配など、患者さんの社会的な御相談について、医療ソーシャルワーカーが支援いたします。

◆家屋調査に基づく指導・提案を行います◆
本病棟への入院後、早期に家屋調査を行います。患者さん宅の家屋構造をシュミレーションし、今まで生活されていた環境に適応できるようにリハビリテーションを行っていきます。
また、必要に応じて退院前にもう一度家屋評価をし、患者さんが現段階の能力で生活できるかチェックし、現状では生活が困難である場合、住宅改修や介護用品の設置を提案させていただくこともしております。

【お問い合わせ】
地域医療福祉連携課にご相談ください。
TEL 0269-62-4195(代)

【お申し込み】
①「回復期リハビリテーション病棟入院申込書」を記入し、FAXをお願いします。
 (主治医記載欄は紹介状が別途用意できる場合は省略していただいて結構です)
 FAX 0269-62-1982(地域医療福祉連携課直通)

②お電話にて転院希望日などを医療ソーシャルワーカーとご相談ください。
 ※ 必要に応じてご家族と面談させていただき、患者さまの状態を確認させていただきます。

③以上の事をもとに院内で関係職種が協議により入院判定を行い、結果をご連絡いたします。

回復期リハビリテーション病棟 入院申込書はこちらです